国立病院医師求人ランキング

国立病院医師求人TOP >> 地域別 >> <宮城> >> 渋川医療センターの医師求人

渋川医療センターの医師求人

渋川医療センターは、国立病院機構西群馬病院と渋川市立渋川総合病院の統合によって、利根川のほとりに2016年に建設された新しい病院です。群馬県地域再生医療計画において、北毛地域の医療体制構築の基幹病院という目的を持って作られた病院でもあります。4万1千平方メートルという広大な敷地の中に、地上7階、地下1階を免震構造で新築され、災害拠点病院としてヘリポートも作られています。西群馬病院の担っていた、がん専門病院、地域医療支援病院、政策医療分野としての重症心身障害児(者)の医療、結核医療、エイズと肝疾患の専門医療施設、という役割と、渋川総合病院の担っていた救急告示病院や災害拠点病院という役割を統合しています。新たに総合診療科、放射線診断科、眼科、皮膚科の常勤医も加わって、23の診療科となり新しいスタートを切りました。開院前の地域の方に開かれた内覧会では、たくさんの方が訪れたことで、地域住民の渋川医療センターに対する期待の大きさが伺えます。

診療科目は、新たに設置された診療科の他にも、呼吸器内科、循環器内科、内分泌・代謝内科、小児科、血液内科、消化器内科、緩和ケア科、精神腫瘍科などがあります。緩和ケア科では、がん治療における患者さん本人の「辛さ」に加え、それを支え続ける家族の辛さを和らげるためのケアを行っています。緩和ケアの医師としては、患者さんの辛さに寄り添い、家族の辛さに寄り添う優しさと、辛さに一緒に立ち向かう強さと優しさが一番に求められています。精神腫瘍科は、がんで入院して治療を続けている患者さんの精神ケアを行う診療科です。精神腫瘍科は全国にも数が少なく、医師の中にも何をするのかよく分からないという人もいるほどまだ認知度の低い診療科です。精神腫瘍科の医師は精神科医で、単に気持ちの面でケアをするだけでなく、体のどの部分の不調が精神の乱れを引き起こしているのかを分析する力も求められます。緩和ケア科と連携して患者さんと家族の負担を少しでも軽くする医療を提供する診療科目といえます。

渋川医療センターのホームページでは医師や看護師など、職員の採用情報が掲載されています。医師として採用されれば、その身分は国立病院機構の職員となりますので、給与やその他の待遇については国立病院機構の職員規定に準じます。基本的には週休2日制で、年末年始や夏季休暇、年次休暇、特別休暇が与えられます。健康保険と年金保険は共済組合保険に加入します。

国立病院の医師の年収は!?求人の探し方は!?下記でチェック!

  サービス名 利用料金 お勧め度 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア





TOP

国立病院の医師の基礎知識

地域別の国立病院の分類


Copyright (C) 2013-2018 国立病院医師求人ランキング All Rights Reserved.