国立病院医師求人ランキング

国立病院医師求人TOP >> 地域別 >> <岩手> >> 釜石病院の医師求人

釜石病院の医師求人

釜石病院はリアス式海岸に近い釜石市の中心地にある病院です。正式名称を「独立行政法人国立病院機構釜石病院」といいます。国の政策医療分野において、重症心身障害の専門医療施設に指定されています。また、児童福祉法による医療型障害児入院施設にも指定されていて、重症心身障害児の入院も受け入れています。すぐ近くには県立釜石病院がありますが、こちらは岩手県が運営する病院ですので間違えないように気をつけてください。昭和28年に国立の結核療養所として設立されましたが、結核患者の減少に伴って昭和42年からは重症心身障害や小児科の病床の割合が増え、平成6年には結核病棟がすべて廃止となりました。2004年に独立行政法人となり、国立病院機構の運営となりましたが、現在でも地元の人からは「国立病院」と親しみを込めて呼ばれています。東日本大震災では、近くの総合病院が被災したことから、被災を免れた釜石病院は多くの入院患者や救急患者を受け入れました。

診療科目は、小児科、内科が外来で診療できる科目です。このうち、内科では頭痛外来やリハビリ外来、神経内科外来を設けています。小児科については一般の小児科とは違い、慢性疾患の小児を中心に診察しています。そのため、夜間などでは一般の小児を受け入れることができないこともあるようです。院内では入院患者さんのために、季節に合わせたイベントが開催され、地域の方との交流の場も設けています。

釜石病院と検索すると、釜石病院の公式ホームページを見つけることができます。ホームページでは医師の採用情報を確認することができます。重症心身障害を持つ患者さんや重症脳卒中後遺症、神経難病、頭部外傷後遺症など慢性期医療の入院患者さんが多いため、急患の受け入れはほとんどありません。入院患者さんに対して、呼吸理学療法や栄養管理、服薬指導や体位転換、傷の処置などを看護師や福祉士とともに進めていきます。NSTやリハビリカンファレンス、病棟支援会議、院内塾など学びの場は多く、医師の育成や学術研究にも力を入れている病院です。採用後は国立病院機構の職員となり、待遇は国立病院機構の規定に準じ、経験や実績に応じて年収が決まります。常勤の医師は週に5日の勤務です。病院の敷地内には宿舎が用意されていますが、一般の賃貸住宅に住む場合には住居手当が支給されます。また、学会の出席などには交通費や参加費、宿泊費が支給されます。

国立病院の医師の年収は!?求人の探し方は!?下記でチェック!

  サービス名 利用料金 お勧め度 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア





TOP

国立病院の医師の基礎知識

地域別の国立病院の分類


Copyright (C) 2013-2018 国立病院医師求人ランキング All Rights Reserved.