国立病院医師求人ランキング

国立病院医師求人TOP >> 地域別 >> <宮城> >> 宮城病院の医師求人

宮城病院の医師求人

宮城病院の正式名称は、独立行政法人国立病院機構宮城病院で、宮城県山元町にあります。政策医療分野における循環器疾患、神経・筋疾患、結核を含む呼吸器疾患、重症心身障害の専門医療機関です。児童福祉法に基づく医療型障害児入所施設でもあります。昭和14年に傷兵保護院傷痍軍人宮城療養所として開設され、戦後に厚生省に移管され国立宮城療養所となりました。2004年には国立病院機構の発足に伴い、現在の名称に変わっています。宮城県神経難病ネットワークの拠点病院で、確定診断とセカンドオピニオン外来を開設し、病態に応じた多角的な治療とリハビリテーション、在宅治療や精神ケアまでを含めた総合的な医療を展開しています。また、脳血管障害の先端的治療センターとして、予防から急性期治療、リハビリテーションから社会復帰までを脳神経外科医と神経内科医が連携して治療にあたっています。パーキンソン病の治療については、神経内科、脳神経外科、リハビリテーション科が連携して治療を行っています。宮城病院で働くことで、医師としてより専門的な知識を身につけることができる環境です。

標榜している診療科目は、内科、神経内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、アレルギー科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科、歯科となっています。専門外来としては、神経難病・パーキンソン病外来、ALS外来、物忘れ外来、漢方外来、頭痛外来の6つの外来を設置しています。病床数は344床で、そのすべてが一般病床です。このうちの44床が南病棟の地域包括ケア病棟になっていて、退院後すぐに在宅治療に移るのに不安を感じる人や、在宅治療を受け入れる体制を整える家族のために、最長60日まで入院して治療を継続できるシステムとなっています。地域包括ケア病棟でも医師は患者さんの健康管理を行います。急性期から回復した患者さんをすぐに退院させるのではなく、もう少し病状を観察したいという時に医師としても助かるシステムなのではないでしょうか。

医師の募集は随時行っています。医師免許を取得した後、2年以上経過した医師を募集していて、学位を取っている医師は優遇されます。一日約8時間の勤務で土日と祝日はお休みですが、当直勤務があります。敷地内には職員用の宿舎も用意されていて、院内保育室も設置されています。採用されると、国立病院機構の職員となり、給与規定などは国立病院機構が定めるものとなります。

国立病院の医師の年収は!?求人の探し方は!?下記でチェック!

  サービス名 利用料金 お勧め度 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア





TOP

国立病院の医師の基礎知識

地域別の国立病院の分類


Copyright (C) 2013-2018 国立病院医師求人ランキング All Rights Reserved.