国立病院医師求人ランキング

国立病院医師求人TOP >> 基礎知識 >> 国立病院の医師の手当

国立病院の医師の手当

国立病院の医師と聞くと「市立病院、県立病院、そして民間病院よりも給料は安定していて高いのだろう」と思う人も多いでしょう。もちろん、それらと比較して大幅に収入が少ないということはありませんが、だからといって基本給が多いというわけではありません。そもそも病院勤務の医師は基本給は人並みといわれています。開業医となれば患者数にもよりますが、それ相応の収入はあるようですが、病院勤務の医師はそれとは異なります。

もちろんそれでも給与は多いでしょう。それはさまざまな手当てがあるからです。一般的な病院も手当は充実しているでしょうが、国立病院の医師はさまざまな手当てがつくので、勤務時間、条件によってはそれ相応の手当てがつくようです。

国立病院はその地域の中枢病院となっていることがほとんどで、他の病院から救急搬送されてくる患者さんもいます。夜間や休日に救急医療業務に従事した場合には『救急医療体制等確保手当』が勤務1回につき3,000〜18,000円、産科医などは分娩業務に従事すると1回あたり10,000円、時間外の手術の場合には『時間外手術等従事手当』として、手術1回につき2,500〜5,000円支給されます。また、そういった救急呼出しがあるので、休日でも自宅待機となることもあります。その場合は『救急呼出待機手当(オンコール手当)』として待機1回あたり5,000円支給されます。国立病院の医師は宿直もあります。その際の手当ては『宿日直手当』として20,000円支給されます。他の病院への診療援助に従事した場合には『附加職務手当』や『派遣手当』、その他にも『特殊業務手当』、『ヘリコプター搭乗救急医療手当』、『支援団体業務手当』などいろいろな手当てがあるのも特徴で、残業が当たり前の国立病院医師には当然『超過勤務手当』もあります。

生活に関しての手当としては、『扶養手当』や『住宅手当』、『通勤手当』があります。また国立病院は全国に143施設あり、その病院間での異動は十分に考えられます。その際、どうしても家族全員での引越しが難しく、単身赴任となるケースもあるでしょう。そんな時にも『単身赴任手当』として、基礎額30,000円、配偶者が住んでいる家から100km以上離れての単身赴任の場合には距離に応じて8,000〜70,000円加算されます。また地域によっては『地域手当』として基本給の16〜20%支給されることになっています。

これだけ充実した手当があるのは就業条件としてはいいでしょう。ただ、あまりの激務によりそれでも「見合った給料ではない」と感じる医師も多いようです。

国立病院の医師の年収は!?求人の探し方は!?下記でチェック!

  サービス名 利用料金 お勧め度 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア





TOP

国立病院の医師の基礎知識

地域別の国立病院の分類


Copyright (C) 2013-2018 国立病院医師求人ランキング All Rights Reserved.