国立病院医師求人ランキング

国立病院医師求人TOP >> 基礎知識 >> 国立病院の医師の適性(向き・不向き)

国立病院の医師の適性(向き・不向き)

どのような職業でも適性(向き・不向き)はあるものです。ただ、医師となればよりその適性が重視されるといっても過言ではありません。「医師に向いているタイプ」と聞くと、まず一番は“頭がいい人”と思うことでしょう。もちろん医師になるためにはより多くの知識を身につけなければいけませんので、一朝一夕でなれる職業ではありません。ただ、それはあくまで医師になるための条件であり、適性とはちょっと違います。いくら頭脳明晰で、医大を首席で卒業したとしても、医師に向いていない人も当然います。そして、医師といっても地域の開業医、大学病院の医師、民間病院の医師、そして国立病院の医師でもそれぞれ適性があり、開業医には向いているが国立病院の医師には向かない、その逆もあります。

国立病院の医師に向いている人としては、向上心がある方です。医療の世界は日進月歩で医師は常に新しい技術、知識、情報を身につけないといけません。特に国立病院は最先端の医療を施し、地域の中心的病院にもなっています。ですので、今のスキルに満足することなく常に向上心をもって医療を学んでいかないといけません。そういう意味では国立病院の医師としては向上心は必須条件とも言えるでしょう。そして国立病院はそういった向上心がある方にとってはさまざまな研究会・勉強会もあり、いろいろな症例の患者さんを目の当たりにできるので適した環境といえるでしょう。

そしてコミュニケーション能力も重要になります。これは患者さんとのコミュニケーションもそうですが、他の医師、看護師、すべての医療スタッフとのコミュニケーションも必要となっています。国立病院ではチーム医療に取り組んでおり、症例によっては自分の能力だけでなく他の診療科医の助けを借りないといけない場合もあります。そのためには、多くの医療スタッフとコミュニケーションを密にとらないといけないでしょう。また、国立病院の医師に限ったことではありませんが、医師は患者さんとその家族に信頼される存在でなければいけません。そのためには無愛想で何も言葉を発しない、必要以外のことは患者さんを会話をしない方は医師としては向いていないでしょう。患者さんとその家族は、あくまで医療に関しては素人で、病気を患っているとどうしても不安になってしまいます。その不安を取り除けるのは看護師よりもやはり医師でしょう。そして、コミュニケーションをとることで患者さんのちょっとした変化も見抜けるかも知れないのです。

医師は勉強できればいいという職業ではありません。あくまで人間としても優秀な人材でないと務まらないでしょう。

国立病院の医師の年収は!?求人の探し方は!?下記でチェック!

  サービス名 利用料金 お勧め度 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア





TOP

国立病院の医師の基礎知識

地域別の国立病院の分類


Copyright (C) 2013-2018 国立病院医師求人ランキング All Rights Reserved.