国立病院医師求人ランキング

国立病院医師求人TOP >> 基礎知識 >> 国立病院の医師の転勤事情

国立病院の医師の転勤事情

国立病院は基本的に、独立行政法人国立病院機構によって運営されています。この国立病院機構が運営する病院は、全国で140以上あり、国民の健康のために貢献しているのです。そして、国立病院に勤務する医師は、国立病院機構の職員という身分になり、国立病院機構に属する病院間での転勤があります。

国立病院機構に属する国立病院は全国にあるので、その転勤は全国に及びます。つまり、九州の病院から東京の病院に転勤し、さらに数年後は北海道ということもあるのです。また、場合によっては研修を兼ねてアメリカに転勤になることもあります。

転勤する場合には、家族とともに引っ越す医師もいれば、単身赴任をする医師もいるので、その点は各自の判断ということになるでしょう。独身者はもちろん、既婚者でも、夫婦のみ、もしくは子どもが小さいなど、比較的身軽に転居できる場合は家族で引っ越すことも珍しくありません。慣れない土地で、新しい環境に溶け込むとなると、どうしてもストレスはありますから、家族がそばで支えられるのはよいことでしょう。一方、子どもが大きくなってきて、学校の問題などが出てくると、単身赴任をする医師も多くなってきます。もちろん単身赴任の不便はありますが、この年代になると転勤も何度か経験していることが多いので、比較的ストレス耐性もついているケースが多いようです。

もちろん勤務する病院が変わっても、患者さんの治療という点ではやることは同じです。医師の場合は同じ診療科での転勤になりますので、特に仕事に困ることはないでしょう。しかし、転勤することで今までの病院ではなかった症例の病気を担当することもありますし、治療法の判断や、カンファレンスの方法、スタッフとの距離感など、病院によって微妙に違うことは多いです。医師としての経験を積む上で、転勤によって違う病院での治療を行うということは、非常にプラスになると言えるのではないでしょうか。

実際、国立病院でなくても、医師は転勤の多い仕事です。もちろん開業医になったり、特定の病院に就職してしまえばそんなこともないのですが、大学病院の医局などに属していると医局から各地の病院に派遣されることになります。派遣された医師は、数年ごとに呼び戻されたり別の病院に移動されたりということになりますので、転勤は頻繁にあるのです。国立病院に限ったことではありませんし、転勤によってプラスになることもたくさんありますので、前向きに取り組んでいくとよいでしょう。

国立病院の医師の年収は!?求人の探し方は!?下記でチェック!

  サービス名 利用料金 お勧め度 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア





TOP

国立病院の医師の基礎知識

地域別の国立病院の分類


Copyright (C) 2013-2018 国立病院医師求人ランキング All Rights Reserved.