国立病院医師求人ランキング

国立病院医師求人TOP >> 基礎知識 >> 国立病院の医師の残業

国立病院の医師の残業

一般的な公務員は、残業なく定時で帰れるというイメージがあります。もちろん実際は職場によっては夜遅くまで残業しているケースがありますが、やはり印象としては一般企業に比べれば残業は少なそうと思われます。一方で医師を含めた医療従事者はどこでも深刻な人材不足のため、残業は当たり前といわれています。

では、公務員と民間会社員との中間的な位置にあり『みなし公務員』とも言われる国立病院の医師の残業についてはどうなのでしょうか。原則として公務員同様に副業も禁止されているのですから、残業もほぼないのか、それとも一般的な病院勤務の医師同様、残業が当たり前なのでしょうか。これについては、後者のように残業が当たり前となっているようです。それどころか国立病院は民間の病院よりも全体的に人材不足といわれているので、超過勤務がかなりあるようです。しかも、重篤な患者さんを扱うことも多いです、救急対応している病院ならオンコール、呼び出しがなくても自宅待機という勤務体制の時もあります。極端な例で言えば緊急手術により超過勤務が余儀なくされ、ようやく夜中に家に帰って寝ようとしたら呼び出しで病院に逆戻り、なんてケースもあります。

そして、勤務ではありませんが国立病院ではスキルアップのための勉強会や研究会もあります。若手医師ならそういった勉強会にも参加するでしょうから、残業とは言わないまでもなかなか自分の時間は取れないようです。

ただ、国立病院では育児等へのサポートも推進しており、状況によっては超過勤務の免除なども可能になることもあります。これは女性はもちろんですが、男性医師も対象となることもあります。国立病院は日本全国の病院の指標となるべき病院とも言えます。そのため、近年の男性の育児参加についても推進しているようです。

国立病院で働きたいと思う医師は、当然残業が当たり前、激務になるということはある程度想定していることと思います。どこの国立病院でも激務は必至ですが、それでもその病院によって差はありますし、相談すれば対応できるケースもあります。もし残業が多くて大変だ、という方は一度相談してみるといいでしょう。異動により解消されることもありますし、場合によっては転職も視野に入れてみてもいいでしょう。国立病院での勤務実績があれば、他の病院への転職もそれほど難しくはないでしょう。どこの病院でも人材不足で激務ですが、それでも国立病院よりは緩和されるかもしれません。

国立病院の医師の年収は!?求人の探し方は!?下記でチェック!

  サービス名 利用料金 お勧め度 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア





TOP

国立病院の医師の基礎知識

地域別の国立病院の分類


Copyright (C) 2013-2018 国立病院医師求人ランキング All Rights Reserved.