国立病院医師求人ランキング

国立病院医師求人TOP >> 基礎知識 >> 国立病院の医師の自己PR

国立病院の医師の自己PR

国立病院の医師になりたいという方は少なくありません。もちろん給与面も安定しているということもありますが一番は医師としてスキルアップ出来る環境にあるからです。国立病院は深刻な医師不足なのですが、だからといって誰でも採用されるわけではないです。転職の際には履歴書による書類選考と面接があります。国立病院でも当然行われることです。履歴書は自分のこれまでの経歴を知ってもらうため、そして面接では自分を知ってもらい、そして自分をアピールする場でもあります。そこでの自己PRが国立病院の医師になれるかどうかのポイントになります。

ではその際の自己PRではどのような点に注意してアピールしたらいいのでしょうか。大切なのは簡潔でありながら相手の興味を引き付けるPRです。だらだらと話し続けてもいけませんし、簡単過ぎてもいけません。国立病院の医師の自己PRとして、一番やってはいけないのは「ハードな仕事になるかと思いますが一生懸命頑張ります」とか「他の医師の方に迷惑をかけないようにがんばります」というアピールです。そういった精神論は担当者の興味を引きません。

国立病院なら忙しいのは当然、がんばるのも当たり前です。ましてや“他の医師に迷惑をかけないように、”というのは迷惑をかけるような人なのか?と思われる恐れがあります。もちろん自己PRの締めの言葉としてならいいですが、それだけでは何も伝わりません。一般企業であれば、面接で意気込み、やる気を見せるのはとても大切です。もちろん病院の面接でも大切ですが、命を預かるのですから精神論だけでは務まりません。

これがまだ新卒ならいいかもしれませんが、国立病院で必要としているのは即戦力です。これまでどのような経験をしてきて、その経験をどのようにしてこの病院で活かせるか、という点をアピールするのが国立病院の医師を目指す方の自己PRです。そして自己PRでは、履歴書に書かれている内容と同じことを繰り返すのも不要です。担当者が知りたいことは、さらに突っ込んだ中身についてです。

そして、国立病院は全国に病院があり、自分の意としない地域への異動もあります。もしどこでもOKというのであれば、そこも自己PRに組み込んでみるのもいいでしょう。

面接では誰でも緊張してしまい思った事を伝えられない事もあります。また、簡潔な自己PRのつもりが伝わりにくくなってしまうこともあるでしょう。ですので、事前にしっかりと見直し・添削しておくことも大切です。

国立病院の医師の年収は!?求人の探し方は!?下記でチェック!

  サービス名 利用料金 お勧め度 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア





TOP

国立病院の医師の基礎知識

地域別の国立病院の分類


Copyright (C) 2013-2018 国立病院医師求人ランキング All Rights Reserved.