国立病院医師求人ランキング

国立病院医師求人TOP >> 基礎知識 >> 国立病院の医師の悩み・ストレス

国立病院の医師の悩み・ストレス

国立病院は他の民間病院に比べると専門性の高い医療、高いレベルの医療をおこないます。非常に難しい症例を扱うことも多く、その高い医療を行う医師も少ないので医師不足も深刻です。そのため、国立病院に勤務する医師は超過勤務も多く、非常にハードな仕事をこなすことになります。

こういった現状を見ると、国立病院の医師の悩みはストレスはそういったハードな職場という点が一番なのではないかと思うでしょう。確かに想像以上にハードな職場と感じる医師も少なくありません。ですが、元々そういった最新医療、専門性の高い医療を学びたいと思って国立病院での勤務を望んでいたわけですから、それが大きな悩み・ストレスとなっている人はそれほど多くないようです。

国立病院の医師の悩みやストレスとなっているのは人間関係のようです。どこの病院でも医師の他に、看護師、薬剤師がいますし、いろいろな患者さんがいます。そのため、どこの病院でも人間関係で悩んでいる医師は多いです。ただ国立病院の場合、病院の規模が大きいですし、勤務している医療スタッフの数も多くなります。多くなればなるほどそれだけ人間関係は複雑になり、トラブルも少なからず出てきます。そして国立病院だと医局との関係、ベテラン医師、重鎮的な医師との関係もでてきてしまうので、そういったストレスも少なくないようです。

また、国立病院の医師ならではの悩み・ストレスとしては国立病院は北は北海道、南は沖縄まで日本全国に143施設あり、その国立病院間での異動があるという点です。もちろん近場の病院への異動もありますが、やはり今の住まいから通えない病院への異動となれば、家族とともに引越ししなければいけない、もしくは家族と離れ離れで単身赴任しなければいけなくなります。かといって、異動を拒否すれば病院内にも居づらくなってしまう、また違う病院でのスキルアップもなくなるので出世の道も遠のいてしまう、といういろいろな思いが湧きあがってしまい、それで悩んでしまう方も多いです。

その他の悩み・ストレスとしては、待遇面があるようです。医師は高収入と思われがちですし、国立病院の医師となればさぞかし高給取りと思われるでしょう。ただ、実際は病院勤務の医師は、思ったほど給料が高いわけではありません。そして国立病院の医師でも他の病院の医師と大差ありません。仕事内容は比較的国立病院の方がハードで高い医療をおこなっているのに、それに報酬が見合っていない、という悩みがあるようです。

国立病院の医師の年収は!?求人の探し方は!?下記でチェック!

  サービス名 利用料金 お勧め度 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア





TOP

国立病院の医師の基礎知識

地域別の国立病院の分類


Copyright (C) 2013-2018 国立病院医師求人ランキング All Rights Reserved.