国立病院医師求人ランキング

国立病院医師求人TOP >> 基礎知識 >> 国立病院の医師の勤務時間

国立病院の医師の勤務時間

国立病院の医師は、国家公務員またはそれに準じた身分ということになります。世間では医師は残業や休日出勤の多い激務だというふうに認識されていますが、その一方で公務員というと残業なしで週休2日の安定した仕事、というイメージがあるでしょう。そのため、国家公務員の医師というと、どんな働き方なのか世間には分かってもらえないこともあります。

結論から言うと、国立病院に勤務する場合も勤務時間などは一般の病院とほとんど変わりありません。勤務時間としては、8:30〜17:15などの規定はありますが、超過勤務はありますし、休日出勤や、診療科によっては急な呼び出しもあります。もちろん当直の医師もいるのですが、国立病院ともなると重篤な患者さんも少なくありませんから、深刻な急変があった場合に担当医が呼ばれるのは日常的なことです。深夜まで残業して、やっと家に帰ったと思ったら呼び出しがあり、翌朝は普通に出勤、というケースもありますから、かなりの激務だと言ってよいでしょう。

ただし、育児中など特殊なケースにおいては、時短勤務や残業の免除も可能になります。国立病院機構では、小学校入学前の子供がいる場合、必要に応じて時短勤務などの申請ができることが規定に定められているので、それを利用するのも良いでしょう。実際、この制度によって出産後は勤務を続けるのが難しいとされていた女性医師が仕事を続けられるなど、医師不足の解消にも一役買っています。医師不足が深刻になるにつれて、医師の負担が増加し激務になるという悪循環に陥っている現在、国立病院が先頭に立って医師の働き方の多様化を進め、広めていくことは大切なのかもしれまません。

国立病院の医師は、国立病院機構の職員であり、各地の国立病院への転勤もありますが、それでも勤務の詳細は各病院によって異なります。勤務時間もその一つで、既定の勤務時間も違いますし、休みのローテーションや、呼び出しの頻度なども違ってくるでしょう。そのため、一概に国立病院に勤務する医師の勤務時間を言うことはできませんが、どこの病院でも基本的に人は不足しているので残業などは多くなりがちです。業務としての残業がなくても、勉強会があったり、自分で症例を勉強する時間が必要になるなど、あまりプライベートに時間を割くことは難しいでしょう。特に若いうちは、仕事量が多い上に、勉強することもたくさんあるので、非常に忙しくなるのが一般的です

国立病院の医師の年収は!?求人の探し方は!?下記でチェック!

  サービス名 利用料金 お勧め度 運営会社 詳細
リクルート
ドクターズキャリア
無料 ★★★★★ 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細
  • 第1位
  • 利用料金
  • 無料
  • お勧め度
  • ★★★★★
  • 運営会社
  • 株式会社リクルートドクターズキャリア





TOP

国立病院の医師の基礎知識

地域別の国立病院の分類


Copyright (C) 2013-2018 国立病院医師求人ランキング All Rights Reserved.